薬剤師の接客サービスについて

最近に限ったことではありませんが、薬剤師の仕事は「ただ単に薬を出して説明すれば良い」というものではなくなりました。

 

では他にどんなことが要求されているのかというと、それは患者さんに対する接客サービスです。最近では、患者さんが薬剤師さんと会話をする機会が多くあり、そういうときにもしも薬剤師さんが不機嫌そうにしていたら、患者さんも気を悪くしてしまいますので、なるべく楽しく会話することが大切です。

 

また、それ以外にも患者さんが薬が出来上がるまでの待ち時間でイライラしてしまったときに、一声かけたり、薬ができたときに謝罪したりと、そういった接客サービスが要求される時代になりました。

 

先日、あまりにも待たされてしまった患者さんがクレームを言っていたのですが、それを何とか薬剤師さんがなだめていましたので「本当に大変だなあ」と私は思いました。これからは、ますますサービスの時代になりますので、この傾向は強まっていくと私は思っています。

薬剤師の接客サービスについて/薬剤師はモテる!?関連ページ

余計な会話
レジのカウンターの奥
サービスに力を…
薬剤師さんの説明
町の薬剤師さん!